安全保障協力活動


         

 平成3年4月、所謂「湾岸危機」に伴い、我が国は紆余曲折を経ながらも掃海艇など 6隻の艦艇をペルシャ湾
 に派遣して国際平和協力活動を開始しました。

 この時、全国自衛隊父兄会は、自衛隊の派遣活動に呼応していち早く、各県等自衛隊父兄会ごとに部隊を慰
 問・激励する方針を決定し、国際平和協力活動等の支援を始めました。

 以来、カンボディア、モザンビーク、ゴラン高原、インド洋、東ティモール、イラク、スーダン、ネパール、ソマリア 
 沖(派遣海賊対処)及び南スーダンにおける国際平和協力活動並びにホンジュラス、インドネシア(スマトラ島・ジ 
 ャワ島・バダン)、パキスタン及びハイチなどにおける国際緊急援助活動に伴う慰問・激励を間断なく続け、今日に
 至っております。

 これらの慰問・激励は、全国51ヶ所に存在する各県父兄会が担任して、派遣される部隊の基地や駐屯地に赴
 き、あるいは、派遣された地域を訪問して慰問・激励しております。

 平成6年には「PKO等国際貢献支援基金」の募集を開始し一定の募金額に達した以後は、全国的に統一した
 慰問・激励を行うようになりました。


平成28年度実績 名      称 回 数
  ソマリア沖・アデン湾海賊対処行動 7 回
  南スーダン 2 回